感染症カレンダー

感染症カレンダー <<  HOME

感染症カレンダー

季節ごとの「感染症」のカレンダーです。※おおよその目安です。参考にされてください。

ノロウィルス ●

 

以前は小型球形ウイルスと呼ばれていました。冬の胃腸炎の原因として昔からあるごくありふれたウイルスです。新型のウイルス感染症ではありません。

RSウィルス ●

 
毎年冬に流行するかぜの一種で、年令によってはインフルエンザより要注意になります。未熟児や赤ちゃんがかかると重症な細気管支炎を起こすことがあります。

溶蓮菌 ●

 
A群β-溶血性連鎖球菌によりおきる細菌感染症の一種です。飛まつ感染(くしゃみ、咳で飛び散る)で広まり感染力は比較的強く、家族、集団生活の中で広がります症状が出るのは接触があってから3~5日後です。

ヒトメタニューモウイルス感染症 ●

 
かぜの一種で、咳が強く、熱が長びくことがあります。
抗生剤などの特効薬はなく、咳や熱などの症状を和らげげて回復を待ちます。
長びく場合、細菌の混合感染を疑い、抗生物質を使うことが多くなります。

インフルエンザ ●

 
インフルエンザはウイルス性のかぜの一種ですが、毎年多くのお年寄りが肺炎でなくなり、乳幼児では脳炎、脳症を起こすため、重症な病気としてかぜと区別して扱います。

ロタウィルス ●

 

ロタウイルスによるウイルス性胃腸炎は、冬のおなかのかぜの代表です。嘔吐、下痢、発熱を認めます。白い下利便になることから、白色便性下痢症とも呼ばれます。感染力が強く、ノロウイルスよりも重症化することがあります。

手足口病 ●

 
ウイルス性のかぜの一種で、夏かぜの代表です。(エンテロウイルス、コクサッキーウイルス)手足と口腔粘膜に水疱様の発疹を認めます。口の中の発疹は潰瘍・口内炎となり、痛みが強いです。

ヘルパンギーナ ●

 
ウイルス性のかぜの一種で、夏かぜの代表です。(コクサッキーウイルス)突然の高熱(39~40度)と強いのどの痛みが特徴です。

 

季節ごとの「感染症」のカレンダーです。※おおよその目安です。参考にされてください。